無料ブログはココログ

« Lanczos 関数よるイメージの拡縮の最適化 | トップページ | VisualStudio 2010 は WPF でできているっぽい。 »

2009年11月16日 (月)

リソース集

  職業柄どうしても困るのがアイコン等のリソースが用意できないこと。VisualStudio にも「本当に」基本的なアイコンは用意されているけど、アプリケーション全体となるととても足りない(当然だけど)。

  アイコン集とか買って と頼んでも「フリーのヤツがいっぱいあるじゃん」とか言われて相手にされない。フリーのっていうけど目的のものを探すのにどれだけ時間を費やさなければならならいのか言っても分かってもらえない。「適当でいいよ」って言われたりするけど、後から「もっと分かりやすいの」とか「統一されたデザインで」とか「カッコいいの」とか理不尽なことを要求されたことが多々あるので、後からどうこうするより先に用意しておきたい。

  言っておくけど、オレはデザイナじゃねぇ~YO!

  というわけでいろいろ調べてみたところ NetAdvantage アイコン が統一されたデザインで下図が豊富なのではないだろうか。
  確かに 6 万種類といか書かれるとすんげぇ~豊富じゃんとかおもうけど、パンフレット見る限り、同じアイコンに矢印マークが着いただけでアイコン数にカウントされているだけのように見える。宣伝が下手なだけなのだろうか ? 仮にアイコン数にカウントされているだけとすると、恐らく色違いだけでもカウントされているかもしれない。そうなると実際の下図は 6 万種類ではなく 600 種類くらいになってしまいそうな気がしてならならい。ん~ 600 種類に 2 万円は出せない。600 種類のうち 60 種使えれば出してもいいけど、経験上 10 種がいいところではないかな。
  ただ調べる限りで NetAdvantage アイコン のいいところは XAML フォーマットをサポートしているらしく、ユーザー登録さえしていれば後からダウンロードで手に入れられるということのようだ。リソース集みたいに売り切りタイプとしては非常に珍しいサポートだね。

  どっちにしても会社では買ってくれないので自腹になるわけだがどうしたものか。

« Lanczos 関数よるイメージの拡縮の最適化 | トップページ | VisualStudio 2010 は WPF でできているっぽい。 »

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Lanczos 関数よるイメージの拡縮の最適化 | トップページ | VisualStudio 2010 は WPF でできているっぽい。 »