無料ブログはココログ

« Outlook2010 をタスクトレイに入れる方法 | トップページ | VHS デッキ買った・・・。 »

2010年10月 4日 (月)

Hyper-V 上の Windows Meida Player でコンテンツ共有

  Hyper-V + WindowsServer2003 + TVersity 1.9 で管理している動画を PS3 で再生してみる実験は結局うまくいかなかった。PS3 側でどうしても 5 秒くらい再生しては止まるの繰り返しは解消されなかった。

  ということで実験は終えることにして、今度は Hyper-V + Windows7 + Windows Media Player 12 でコンテンツ共有したものを PC、xbox360、PS3 で再生してみる実験をしてみることにした。

  Hyper-V 上で Windows7 が動作しているという点を除けばパソコンで Windows Media Player でコンテンツ共有しているのとなんら変わりはない。設定等は他の方が書いてくれているので省略。

  早速、メインの Windows7 PC の Windows Media Player を起動してみると、Hyper-V 上の Windows Media Player の情報が確認できる。開いて気がついたのだが、TVersity で管理していたときは、フォルダ構成は全部無視された状態で表示されていたのに、Windows Media Player をサーバとしたこの実験ではちゃんとフォルダ構成を維持している。どうやら TVersity とは相性が悪かったようだ。

  では肝心の動画再生をしてみる。クライアントの Windows7 PC からはなんら問題もなく再生された。
  問題の PS3 ではどうかというと、これも問題なく再生された。このことから TVersity で管理された動画を PS3 でうまく再生されなかったのは、TVersity の設定の問題と思われる。でも TVersity 自体もあまりいじるところがないので結局どうしてよいかわからなかった。
  さて問題が起きたのが xbox360。音は出るが映像が出ない・・・。Micorosft の製品同士なので最後に接続実験をしたけど、まさか問題が出るとは思っていなかった。SD 動画は再生できるので、単純に xbox360 側が対応していないのだろう。デフォルトでは Windows Meida Player はトラスコしてくれない気がする。ただ設定でデバイス側に合わせて変換するみたいな項目があるのでそのうち試してみよう。デフォルトの設定で xbox360 から再生するには xbox360 の Windows Media Center を立ち上げて、そこからアクセスすることで再生できる。ただし汚い。

  まぁいろいろ実験した見たけど、どれも一長一短でデフォルトでサクっといかないのが厳しいところ。PC 買い換えたりすると忘れちゃうよね。

« Outlook2010 をタスクトレイに入れる方法 | トップページ | VHS デッキ買った・・・。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事