無料ブログはココログ

« ヾ(*´ω`*)ノ | トップページ | ExtFloodFill メモ »

2010年12月 8日 (水)

VisualStudio と MFC

どうにも、ここ 2、3 週間体調が良くない。睡眠をもっと多めに取れば大丈夫かな。

で、本題。自分の中では MFC は現役。本当ならば C# に移行したいところだけど、仕事内容が組み込み系と同じ部類になるので C++ からは離れられない。そうなると UI 付きツールを作成するためには MFC が必要になる。

UI は .net 系ほど多くはないので大変だけれども、VisualStudio2008 の ServicePack あたりから豊富な UI 群が追加された。統合系ツール作るのには非常に助かる。

ただ困ったことにドキュメントビューアーキテクチャを使用することを前提にされたウィザード設定が多く、特にリボンを使いたいときなんかはドキュメントビューアーキテクチャは必須になってしまっている。

個人的にはドキュメントビューアーキテクチャは見づらいのと、データ管理は独自に分離して管理できているので必要がない。なのでドキュメントビューアーキテクチャを切り離せた設定ができないと非常に困る。

VisualStudio に追加された UI 群は BCG という会社ところの簡易版の OEM のようである。ここのライブラリは昔ちょっと触ったことがあるが、あまり使いやすいとは思えなかった印象がある。ただ以前とは自分の考え方も変わっているので、今使うと使いやすかったりするのかもしれない。今自分はどうしているかというと別の UI 群(有料)を使っている。ドキュメントビューアーキテクチャも切り離せて使えるのが便利なので愛用している。ただメンテナンスを考えると無料で追加された同じような UI 群は非常にコストパフォーマンスはいい。

ただ個人的には有料でも使いやすいライブラリがあって、かつユーザーにも有益ならば、今自分が使っているライブラリの価格などは無料に等しいと思っている。さてこれを周りに説明して納得してくれる人がと゜れくらいいるだろうか。

« ヾ(*´ω`*)ノ | トップページ | ExtFloodFill メモ »

プログラミング」カテゴリの記事