無料ブログはココログ

« MySQL Connector/C++ を Visual Studio でビルドする | トップページ

2017年5月24日 (水)

Office Home & Business 2016 を個別インストールする

Microsoft Office 2016 はエディションに関わらずセットアップ実行すると全部入りでインストールしてしまうようです。
不要なアプリケーションをインストールしたくない場合は以下の方法を実行することで個別にインストールできます。

まず「Office 2016 Deployment Tool」をダウンロードして実行します。

実行すると setup.exe と configuration.xml が作成されます。

次に configuration.xml を編集します。

下記の例は Outlook 以外 をインストール設定になります。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32" Channel="Current">
    <Product ID="HomeBusinessRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

Office Home & Business 2016 の場合ですので、Product IDは "HomeBusinessRetail" を指定していますが、他の Office 製品の場合は "Product IDs that are supported by the Office Deployment Tool for Click-to-Run" をに記述されています。

編集し終えたら、コマンドプロンプトから

setup.exe /configure configuration.xml

と実行するとインストールが始まります。

« MySQL Connector/C++ を Visual Studio でビルドする | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事