無料ブログはココログ

2017年3月11日 (土)

MySQL Connector/C++ を Visual Studio でビルドする

備忘録です。このメモでは目的の lib と DLL はできますが、ライブラリ以外のプロジェクトでエラーがでます。

MySQL のサイトにある MySQL Connector/C++ の lib と dll ファイルでは相変わらず落ちてしまいます。そこで MySQL Connector/C++ のソースコードをダウンロードしてきて自分でビルドしたものを使用すれば落ちなくなります。

まず CMake が必要になるのでインストールします。環境変数のパスは設定しなくても大丈夫です。ここでは例として CMake のインストール先を下記のようにしました。

C:\Program Files\Tools\CMake

MySQL Connector/C++ のソースコードをダウンロードして展開します。下記のフォルダに展開したものとします。

D:\SDK\mysql-connector\mysql-connector-c++-1.1.8

MySQL 本体も必要です。zip でダウンロードしたものを下記のフォルダに展開したものとします。

D:\SDK\mysql-connector\mysql-5.7.17-winx64

Boost ライブラリも使用します。

D:\SDK\boost_1_61_0

MySQL Connector/C++ のフォルダを開いて CMakeLists.txt をテキストエディタで開きます。

そのまま CMake を走らせてしまうと、timespec 構造体が再定義エラーとなってしまうので定義済みとして DHAVE_STRUCT_TIMESPEC フラグをセットします。Windows 系限定の問題だそうで、

適当なところに

IF(WIN32)
    ADD_DEFINITIONS(-DHAVE_STRUCT_TIMESPEC)
ENDIF(WIN32)

と書いておけば大丈夫のようです。Windows 限定なら IF(WIN32)、ENDIF(WIN32) もいりません。

CMake のコマンドは以下の通りです。画面の都合上改行していますが、コマンドなので一行で書いてください。

"C:\Program Files\Tools\CMake\bin\cmake"
-G "Visual Studio 14 2015 Win64"
-DBOOST_ROOT:STRING="D:/SDK/boost_1_61_0"
-DMYSQL_INCLUDE_DIR="D:\SDK\mysql-connector\mysql-5.7.17-winx64\include"
-DMYSQL_LIB_DIR:STRING="D:\SDK\mysql-connector\mysql-5.7.17-winx64\lib"

CMake を動かすと Visual Studio のソリューションファイルが出来上がります。これをビルドすると複数のプロジェクトでエラーは出ますが、目的のライブラリのプロジェクトはビルドが通り、この例では下記のフォルダに lib と DLL ファイルが出来上がります。

D:\SDK\mysql-connector\mysql-connector-c++-1.1.8\driver\Debug

上記は Visual Studio 2015 の例ですが、ヘルプで Visual Studio のバージョンの書き方が確認できます。

"C:\Program Files\Tools\CMake\bin\cmake" --help

2010年11月10日 (水)

ヾ(*´ω`*)ノ

Su470

Su471

2010年9月 4日 (土)

ヽ(´ω`)ノ (*´ω`*) (´・ω・`)

Yky

2010年6月 5日 (土)

( ̄ー+ ̄)

Fa18f

2010年4月 2日 (金)

|ω・`)

Yikipo

2010年1月30日 (土)

( ̄ω ̄)ゞ г(*-ω`*)┘

Amimami

2010年1月 5日 (火)

くっ、なぜ分かったんだ !

Rapter

このパーツで 天海春香 機を作ろうとしていることが !

ボークスの店員に話しかけられた(笑)。まぁハセガワからラプターは、普通のじゃなくアイマス機のほうが先に発売されたからね(笑)。

Rapter2

やっぱり、でけ~・・・。

2009年12月 6日 (日)

三菱 F-2Aアイドルマスター「双海 亜美」デカール

エアブラシでプラモデルにハマっている友人に触発されて、久々に作ってみようと思って、三菱 F-2Aアイドルマスター「双海 亜美」を購入してあった。今月の Model Graphix に特集が組まれていたこともあって開封してみた。

Mami00

パッケージ。

Mami01

上記が特別デカール。見た瞬間「む !」  と思ったので速攻スキャンしてみた。

Mami03

びょ、病気 !?

ん~、印刷でこういう模様的なものがあるのは仕方ないけど、肉眼で分かるのはちょっとな~と思う。印刷については全くの無知だけど、想像するにこれはベクトルで作って印刷しているのではなくて、元絵をスキャンしたものをそのまま印刷したものなのかな ?

ということで、インクジェット用のデカール用紙というのを一度使ってみたいと思ったので、これを理由にちょっと修正してみようと思う。

Mami04

右が Photoshop でちまちま修正してみたもの。髪の毛の色が違うのはデカールではなくプラモデルの箱に描いてある亜美の絵に合わせてみた。

以外といけそうな気がする。もしいけるとして、他のすべてのキャラクターに対して同様の処理をしなければならないのだろうか・・・。

これはハセガワにもうちょっと努力してほしい点だと思う。